日本古来のスタイルの人気が再燃!神前式で結婚しませんか?

手をつなぐ男女
仲がいい男女

必要な儀式とは?

結婚式の費用はかなりかかる。誰もがどれくらいかかるのか気になるものですよね。その費用をできるだけ安く抑えるためには、ちょっとしたコツがあります。そこで、まずは必要な儀式がどんなものなのかを知っておきましょう。

日本だけの結婚式

抱き合う男女

日本の文化を大切にしたくて神前式を東京で行う事をお考えならこちらをご覧ください。

春になり、暖かくなると結婚式の人気となるシーズンになります。結婚式といえば華やかなウエディングドレスを身にまとい、教会で行うキリスト教式の結婚式もありますが、最近は、神社で白無垢などの和服を着て神社で行う神前式も人気があります。日本人であっても、日本古来の神前式について熟知している人は少ないのではないでしょうか。神前式を考えているのであればまず、神前式がどんなものなのかを知る必要があります。
まず、神前式とは上述したとおり神社で行う結婚式のことを言います。その名のとおり神様の前で結婚の契りを交わすという意味があります。全国の神社で挙式が可能であり、東京で神前式ができる神社をあげるとすると、明治神宮や市谷亀岡八幡宮、浅草神社など多数あります。日本では宗教の固執がない為、華やかなウエディングドレスの憧れからキリスト教式が人気でしたが、最近では日本古来のスタイルの人気が再燃されつつあります。さらに、東京を中心に形式ばった古典的な式だけでなく、式場やホテルで行う神前式も増えてきており、人気の後押しをしています。衣装に関しても白無垢や色打掛の他にも、ウエディングドレスやカクテルドレスを着ることができる式場も増えてきています。
しかし、神前式は一般的には少し割高な傾向があるのも事実です。東京行われた教会式の挙式費用と、同じく東京で行われた神前式の費用を比較すると5〜6万円の違いがあるとされています。

神前式

意外と気軽にできる

日本古来の結婚式である神前式。確かに厳かな雰囲気の中、粛々と執り行われます。しかしながら、そこで必要な作法などはある程度覚えておけば大丈夫です。最近では、厳かなムードではあるものの、比較的気楽な気持ちでできるものになっています。

和装の男女

結婚の誓いをする

神前式の儀式はいろいろありますが、その中でも「これぞ神前式の醍醐味!」といえるのが「誓詞奏上」です。他の形式の結婚式とは違い、神前式では新郎が主役になる儀式があるのです。

傘をさしている和装の男女

記事一覧

「日本古来のスタイルの人気が再燃!神前式で結婚しませんか?」の記事一覧です。